« TRIUNITY-HMVプレゼンツLiveレポート | トップページ | 初岩盤浴 »

2006年8月29日 (火曜日)

カブトムシとクワガタ

夏休みもそろそろ終わりと言うことでこの表題。
近年の「ムシキング」大ブレイクのおかげで、以前は百科事典の中でしか見ることが出来なかった有名な世界のカブトムシやクワガタが、日本でも簡単に目にする事が出来るようになった。
先日某所で「ヘラクレス大カブト」を見つけたので記念撮影。
凄い!
昆虫大百科でみていた俺の幼少時代の記憶と全く同じだ!
軽く感動。

Blog0608291_1

さらには別の場所で珍しいクワガタを見つけた俺の相棒はそいつを購入した。
名前は「ワラストンツヤクワガタ」。
なんとも珍しい羽色でサイズも結構Bigなスマトラ島産のクワガタだ。

Blog0608293_1

俺がガキの頃には絶対に手が届かなかった幻の生き物を今の子供達は普通に目の当たりに出来て、金で簡単に手に入れることが出来る。
それが良いか悪いかなんて話は別の次元で誰かが勝手に言ってれば良い。
この事で俺は軽い感動とショックとそしてチープな失望を連続的に味わったってだけ。

ちなみに俺はミヤマクワガタが好きだった。
少しか弱そうなんだけどスリムで美しくちょっとタマムシ色がかった部分がなんかグラムっぽくって、ガキの頃の俺の目には最高にカッコよく写っていた。
それは今でも変わらないかな。
(全然違うテーマでクワガッタンも好きだったけど.....。)

TRIUNITYオフィシャルホームページ

|

« TRIUNITY-HMVプレゼンツLiveレポート | トップページ | 初岩盤浴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クワガッタン、懐かしい~♪
あのシリーズは悪い人たちが愛おしくてねぇ(笑)

昆虫大百科は読んでませんが、学研の図鑑は愛読書でした。
誕生日やクリスマスの定番プレゼントで、
今でも実家の本棚陣取ってます。
子どもの頃は昆虫写真見るの平気だったけど今はツライかな・・
(ちなみに私は恐竜&化石好きの子どもでした)

投稿: mic | 2006年8月29日 (火曜日) 08時41分

いつも拝見させて頂いています。しゅうです。

私も衝撃を受けました。
図鑑でしか見ることが出来なかったものが高価とはいえ
販売されていると言う事実に。
はじめてみた時は動きが鈍かったので
虫かごの中に模型らしきものを入れてるだけかと
勘違いしてしまいました。それほど衝撃でした。
しかし美しさでは日本のカブト・クワガタの方が
外国のそれよりも上のように感じます。見慣れているせいか。

昔ヒラタクワガタとオオクワガタを混同して
ヒラタクワガタをもらったとき大喜びして
事実を知って落胆した記憶が残っています。
因みにシンプルなノコギリクワガタが大好きでした。
カブトよりもクワガタのほうがなぜか魅力的でした。
あの攻撃性に魅力があったのかどうかわかりませんが・・・・。

投稿: しゅう | 2006年8月29日 (火曜日) 18時59分

俺もしゅうさんと同じくノコギリクワガタが好きでした。
その中でも特に水牛とかっていうでかいノコの奴にふぉーりんラブだったっすね。
カブトムシって優しい力持ちっていうドカベンのイメージかな。。。

投稿: taku | 2006年8月29日 (火曜日) 22時26分

ミヤマクワガタですか。
YJさんのアーティスト性溢れる記述にはいつも感動させられっぱなしです。
そういう感性からあの音楽達が生まれて来るのですね。
生まれたての音楽を最初に耳にすることが出来るj23さんとmicさんがちょっと羨ましいです。

あ、私は虫の類はいっさい駄目ですけど。

投稿: マミー | 2006年8月29日 (火曜日) 23時16分

皆さん、コメントありがとう!

そうそう、なんとも愛すべきヒールがあのシリーズの特徴だよね。
「クワガッタン」の名称はまだしも「ドタバッタン」ってネーミングは洒落っ気最強でしょう!

そして学研といえば俺的には「ひみつシリーズ」です。あの漫画百科は伝説ものだな。
もちろん「昆虫のひみつ」も持ってたけど。

で、俺も日本のカブトムシは外国産に無い和の美しさを秘めている気がします。
メスは決してアジアンビューティとは言い難いけどね…。

昔カブトムシとクワガタをなんども戦わせようとしたけどいつも思うようにいかなかった覚えもあるなぁ。
それもカブトムシがドカベンだからかな?

ミヤマクワガタと作曲、表現の感性は単体で取り上げると到底リンクしなさそうだけど、物書きはガキの頃から得意だったですね。生まれたまんまの姿の曲、そのうちどこかで一度披露してみるのも面白いかもしれませんね。

いずれにせよカブトムシとクワガタ、いつの時代も少年の憧れの存在のようだね。

投稿: YJ | 2006年8月30日 (水曜日) 00時29分

「昆虫のひみつ」は、生まれて初めて親に買ってもらった漫画です。
大人になっても読み返してるので、エピソードは結構覚えてますね。
あれ読むと、ゴキやシロアリまで可愛く思えてしまう(笑)
学研まんが偉人シリーズの「ファーブル」も好きだったな。

「ひみつシリーズ」は名作でしたね。
「化石のひみつ」と「恐竜のひみつ」が愛読書でした。
1冊を熟読するタイプだったのでたくさんは持ってなかったけど、
どれ読んでも楽しかったなぁ。
子どもの頃の幸せな記憶です。(高校までは普通に読んでたかも)

投稿: mic | 2006年8月30日 (水曜日) 02時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« TRIUNITY-HMVプレゼンツLiveレポート | トップページ | 初岩盤浴 »